お宅訪問

はるくんの機嫌も戻り、お出かけできる状態まで回復♪

 

職場で、積水ハウスの鉄筋で建てた家にお住いの上司がいるので、お宅訪問させていただくこととした。

 

ダインコンクリートというとても重厚感のある外壁だ。見るからに頑丈である。

1階はLDKがつながっている形で、キッチンからダイニングとリビングを見渡せる配置。

いいな~これがベストだと思うけど、はるくんのための構造化を考えると難しいかな??

庭のツルが伸びて大変なことも教えてもらったw

 

その間、はるくんはそこのお姉ちゃんらに抱き着きにいったりしていて、写真はそのワンシーン。2歳だからまだ許されるよねwそのうち不適切な行動ということになるのかなぁ・・・

 

夕食前に、上司の友人らも合流。

はるくんはその中のbabyをぎゅーっと抱きしめていたので、「母性が出るんかな!?」とか言ってたw

 

その中のお父さんが「はるくん何歳?」とはるくんに向かって聞いていたので、僕が代わりに「自閉症なので2歳だけどまだ喋れないんです・・・」と軽くカミングアウト。

 

すると「でもうちも喋るの遅かったよー」とそのお母さん。

 

 

「言葉が遅いだけ」と「自閉症で言葉が出ない」には雲泥の差がある。

でも逆の立場ならそう言うしかないのかなとも思う。

「そうなんだ、大変ですね」とか言いにくいよね。