自閉症eサービス

はるくんが診断を受けたときから、インターネットや本で自閉症の勉強をしていた。

勉強するたびにはるくんの将来を憂い、先を考えることが嫌になった時期もあった。

 

そんな中、インターネットで「自閉症eサービス」があるという情報を得た。というか以前に調べて知ってはいたけど、年間のスケジュールが組まれていたため、年度が変わるまで待っていた。

ホームページを見た印象としては、1年間を通して自閉症の基礎から応用までを順番に勉強していくような感じだった。主に奈良市での勉強会が多いようだ。ときどき特別講演会みたいな形で、高名な先生の講演会も予定されていた。

家族にも自閉症eサービスの話をしていて、うちの両親も一緒に入ってくれることになった。普段はるくんのそばにいない両親には、はるくんがどんな状態で、自閉症がどういった障害なのかを理解してもらうのは容易ではない。だからぜひ一緒に勉強してほしいと資料を渡していたら、快諾してくれたのだった。

新しい年度になって、自閉症eサービスの年間パスを僕とママと僕の両親の4人で取得することにした。それなりの値段だから、ちゃんと参加しないとな♪

これである程度、一般的な(平均的な)知識を共有できるはずだ。我流の勉強法では、どこまで正しいのかよく分からない。本によっては書いていることもまちまちだったりするし・・・

 

さぁ頑張って勉強するぞーー