切り替えの難しさ

はるくん、モデルみたいw

 

 

こんな写真とは裏腹に、はるくんは切り替えが苦手である。

たぶんみんな同じ悩みを抱えていると思うんだけど、本当に切り替えがすんなりとできない。

 

「焦らず、ゆっくりと」はもちろんわかるんだけど、こちらもそんな余裕がないときがある。

 

はるくんにとって、それはアニメであったり、携帯であったり・・・

自分が夢中になっていたら、それを最優先なのである。

ん、それは大人でも同じかw

 

お風呂の時間が近づいたから「そろそろおしまいね」と言って携帯を取り上げたりテレビを消したりすると、かんしゃく!火がついたように泣く!部屋の隅に行って倒れこんだり。抱き上げようとしてもうまく抱かれないように体をぐにゃぐにゃ動かすすべを覚えているw

 

そのままぐずぐずして、なかなかお風呂には入らない。

むーー困った。

わかってるけど、わかってるんだけど、こっちもイライラしてしまう。

 

 

ママが10カウントを使ってくれたりして、「10が来たらおしまい」というのを教えようとしてくれている。

「1、2、3、・・・9、10!はい、おしまい!」といった感じに。

 

これで少しずつ切り替えができるようになったらいいなぁ。