津久井やまゆり園事件②

この事件は社会にかなりの影響をもたらしている。

 

僕も毎日のように特集番組などを見て情報を集めるようにしていた。

 

各障害者団体は早期に声明を出して、今回の事件に負けないぞという強い意気込みが伺えた。

でも彼らも、この犯人の意見に同調者が出てこないか危惧しており、僕もそれはすごく心配していた。

 

少しネットをのぞいたら、障害者の安楽死に関して、賛成している意見も出ていた。

 

優生思想、非常に危険な考え方である。

 

 

テレビで、ナチスヒトラーの時代の特集がやっていた。

ヒトラーは優生思想に基づき、20万人もの障害者らを殺害した。

T4作戦と呼ばれ、障害者らを集めて部屋に閉じ込めてガスで殺害するなどの方法が取られたようだ。

想像するだけでも・・・いや想像もしたくない事実である。

 

 

今回の事件を通して、色々な意見が飛び交っている。

心の奥に潜んでいるなんとも言えないよどんだ自分の考えが出てきて、いやそんなはずはない、と自問自答した人もいるのではないか?

 

障害者と普段触れ合っていなかったりすると、この事件を「他人事」と思っている人もいると思う。

でも決してそんなことはない。この事件はそんな単純なものじゃない。

 

もっと考えてほしい。

ネット上で犯人に賛同する意見を書いている人、その優生思想に従うと、あなたの順番はどのあたりですか?もし明日あなたが事故にあって体が不自由になったら順番が大きく変わることになりますがそれを理解していますか?それが優生思想です。

 

そんな発想、絶対に間違っています。

 

 

障害のある人もない人も安心して暮らせる社会

その実現のためには全員が障害のある人と関わっていくしかないと思います。

 

 

今回の事件の犯人が元職員であったということが、このことを否定する要因になってしまいそうで怖いです。