土地の広さ

土地は広い方がいい。狭いより広い方がいいのはほとんどの人がそうだと思う。

あとはお金の問題と、どうして広い方がいいのか。

 

僕は割と考えすぎる方で、しかも結構ネガティブシンキング。ここまで読んできてくれた方には伝わっていると思いますがw

 

ときどき他の人のブログとかも読んでいて、「大きくなると公共の場で遊びにくい」というのはある程度理解していた。

「この子を連れて体育館に入ったときに、周囲からどうして連れてきたんだというような視線が辛かった」みたいなことを書いていた人もいた。

すごく切ないけど、もっと理解されたいとも思うけど、そういう現実があることもまた事実だと思う。

インクルーシブ、すごく素敵な発想だけど、まだまだ日本では浸透していない。

はるくんも今はすごくかわいいけど、大きくなったらどうなんだろうと心配になる。

 

じゃあそういう子らが気兼ねなく遊べる場所を作ればいい。

うん、土地を広くしよう。

うちに遊びに来たらいいじゃん。

 

もう、そんな単純な発想。

 

こんな夢を積水ハウスの営業の人にぽろっと喋ったときに「僕にその夢を応援させてください」って言われた。

営業文句じゃんって思われるかもしれないし、まあ実際に僕も多少そう思うんだけど、そのときは背中を押してくれたのが嬉しかった。営業マンとしては満点ですねw

 

 

何年後か、年十年後でもいいから、上に書いている僕の発想は「間違っている!」とみんなが指摘してくれるような社会になればいいな。

どんな人でもどこでも気兼ねなく遊べる社会が本当の夢です。