睡眠障害

マンションではいつも別室で寝るようにしていた。

ママが寝かしつけにいって、戻ってきたら一息ついて、ママははるくんと、僕は一人で寝るという生活スタイルだった。

ママには負担だったと思うけど・・・

 

はるくんの寝つきが悪いのはいつものことだけど、この日はかなり悪かった。

療育施設に通い始めて、少し年上のお姉ちゃんに拾ったどんぐりを差し出したりとかわいいこともしていたみたいだけど、そんなことをしていると昼寝ができずに帰って夕方から寝てしまったのだ。

こうなると後のリズムは最悪であるw

 

夜寝ない。

ママが寝かしつけにいってからかれこれ2時間くらい戻って来ない。

あらかた家事炊事は終わり、一人でテレビを見始める僕wすいません。。。

寝室から時々はるくんの独語が聞こえてくる。

まだ寝てないのかー・・・

 

こういうことが何度もあるので、やっぱり睡眠導入剤を使った方がいいのか悩むことも多かった。はるくんの寝かしつけは大変だ。絵本を2時間読み聞かせるのとはわけが違う。歩き回り、言葉も通じない、そんな混沌とした時間が続く。ときにぶつかってきたり、よく分からない興奮をしたり・・・

 

ママが疲れて戻ってくるのを見ると、申し訳ない思いと、このままやっていけるのか、心身ともに疲れ果ててこないか、そういった心配をいつもしていた。

 

じゃあ我が子に睡眠薬を飲ませるのか?

これもかなり難しい問題である。

多くの人からしたら、「それくらい我慢しなさいよ」と思われることかもしれない。

でも親が心身ともに健康でいないと、子どもにも悪影響だ。こっちがイライラして、それこそ虐待につながったりする。

もちろん僕らだって、そんなもの飲ませずに育てたい。不要な薬を我が子に飲ませることはしたくない。

そんな葛藤とも戦う日々が続いていく。