遺伝性が気になる

この話題は若干タブーな印象もあるけど、一般的に自閉症は遺伝性があると言われている。

(細かく言うと、遺伝性疾患という意味ではなく、多因子による影響が考えられている。)

 

一卵性双生児では1人が自閉症ならもう1人も自閉症である可能性が高い。

それが二卵性双生児や兄弟では5-10%である。

 

狭い意味での自閉症(現代の広い意味のASDではなく、知的障害の重いタイプ)は300-1000人に1人くらいと言われているので、子どもが自閉症児だった場合、次子も自閉症である可能性は、計算上は一般の数十倍という高い確率である。

 

正直これは恐ろしい確率であると思った。

 

もともとうちは子供ができにくく、はるくんをようやく授かったという状態だった。妊娠が分かったときには飛び上がるほど嬉しかったのを覚えている。

そのはるくんが、心臓の病気もあって、自閉症で・・・・

 

この事実をどう捉えたらいいのだろうか?

 

でもはるくんの弟か妹も欲しいし、普通の子育てもしたい&ママにもそれをしてほしい。

 

 

ある日テレビドラマを見ているとき、そこに出てきたかわいい子役がお母さんに色々と話しかけたりしているシーンで、僕がママの方をちらっと見ると、、、

 

「はるくんはこんなことしてくれないね、って?」

 

心を見透かされていた。

ママが一番辛いはずだよね。