バランスボール

自閉症の療育方法のひとつに、感覚統合というものがある。

自閉症児は感覚にも障害があるのだ。味覚、触覚、前庭覚・・・・そう、色々w

それらを体を使った遊びを通して、しっかり伸ばしていこうという手法です(ざっくりしすぎですいません。)

 

色々な本にバランスボールがいいということが載っていて、信じやすい僕は、早速amazonで大きなバランスボールを購入!

 

数日後に早速届いた段ボールを開け、付属品の空気入れで膨らませた。

割と大きいのにしたから、膨らませるだけでも大変だったw

 

でもでもはるくんも割と気に入ってくれた様子。

バランスボールに乗った親の太ももに乗ろうとしてくれる。

 

ボールは大きいので、この時点ではるくんが一人で乗るのは想定していなかったので、これでよかった。

太ももの上にはるくんを座らせて、とりあえずゆらゆらするところから。

 

「揺れてるね~楽しいね~」

 

そう、現在の状況を声に出して教えてあげるのも大事!

学びのチャンスはそんな些細なところにも転がっています。