ありがたい職場環境

これは現在の話になりますが、実は4月に奈良市の職場への異動が決まりました。

 

働き始めて7年間は橿原市や磯城郡で勤務していたので、家から近く、通勤時間も30分以内で済んでいました。

そして、はるくんの診断を受けて、落ち込んで、立ち直っていく過程は、ずっと今の職場でした。

 

今の職場は、自分の職業では考えられないほど、時間の融通をつけさせてもらえるところでした。僕のことをとても理解してくださる上司でした。

面談に行くときや、健診に行くときなど、突然抜けたり休ませてもらったりしました。だからこそ、この精神状態でも続けてこられた気がします。本当に恵まれていました。

 

普段の仕事も、頑張ると定時で帰れることが多く、よく帰りに買い物をして帰っていました。

 

でも「ただいま~」と家に帰っても、あまり気にしないはるくん。ひどいときは完全にノーリアクションwお迎えに来てくれたら気分は最高!それが我が家の日常です。

 

そしてお風呂掃除をして、ママが夕食の準備をしてくれて、18時半くらいからみんなで食事をとる。

 

会話は僕とママの2人だけ。3人いるけど、はるくんは会話に参加できない。

 

時々スプーンを使って頑張って食べようとするはるくんを微笑ましく見守る僕ら。でも基本まだ手づかみ(もうすぐ3歳)w

 

はるくんも時々何か喋るけど、何を言いたいのか分からない。嫌なことがあるのか時々泣きわめくけどどうして泣いているのか分からない。

 

そんな夕食が我が家の当り前です。

 

 

でも奈良市に通勤となると帰宅時間は確実に遅くなる。

僕がいない、ママの話し相手がいない夕食が毎日続くようなら、我が家は大丈夫だろうか?そんな心配ばかりしてしまいます。

 

 

・・・でもきっと今までが恵まれていただけ。

はるくんの可愛い笑顔のために乗り越えるしかないか!