東田直樹さんの本との出会い

はるくんの障害がわかってから、色々な本を購入して勉強していた。

 

調べている中で、東田直樹さんという自閉症の作家さんがいることを知った。実際は、以前にも名前を聞いたことがあったけど、どういった方なのかはほとんど知らなかった。

 

 

「自閉症の僕が飛び跳ねる理由」

書店で、いくつもある東田さんの本の中からこの本を手に取り購入した。

 

帰宅して早速読んでみる・・・・・ 1時間ほどで読破!

 

不思議な気分だった。

言葉をうまく喋れないはずの東田さんの頭の中で考えていることは、こんなにも表現力に富み、そして情緒あふれる言葉のシャワーだった。

プロフィール欄に「重度の」自閉症と記載されていたが、それを疑わざるをえないような内容だった。

 

もしかして、はるくんもこんなにたくさん考えているの?

うまく表に出して表現できていないけど、もしかしたらもしかすると、こんなにたくさんのことを考えてくれているの??

 

そんな期待をもたらしてくれるような素敵な本だった。

 

 

「重度の自閉症」、それは知的障害が重度という意味なのかなと解釈したけど、それはつまりIQが低いということ。

でもIQが低いと判定されても、こんなにも表現力がある人がいる。

IQは人間が作った定規のひとつに過ぎないんだなと思った。